2011年06月30日

水槽のクーラーはゼンスイZC-100ですか?

今日も暑かったですが、昼間少し降った雨のおかげで打ち水みたいになって、若干涼しくなったので良かったです。今、湿気は70%近くありますが、若干涼しいような。

今日は、熱帯魚の暑さ対策に使われる冷却用クーラーゼンスイ ZC-100について書きたいと思います。

昔、熱帯魚を3年くらい飼っていましたが、夏だけは辛かったです、電気代が。。。

もうかれこれ15年くらい前ですが、私の行きつけだった熱帯魚屋さん、ホームセンターなど、水槽の水を冷却するクーラーなんてありませんでした。

なので、一夏ずっと部屋のエアコンを入れっぱなしで、1ヵ月の電気代が13000〜14000円くらいでしたねぇ。

というのは、熱帯魚は水温管理をきちんとしないといけません。

例えば、どこのホームセンターでも見かけるグッピーでも、ベストな水温は27度くらいです。26〜30度までは大丈夫ですが、30度くらいだとちょっとバテ気味になります。

27度の場合、冬場なら元々水が冷たいので、ヒーターで温めるだけでいいですが、夏場は水温が上がる方向なので、冷ます設備がないと、うなぎのぼりに温度が上がっていきます。

あればいいなぁと思っていたものが、今はあるんですね。(3年くらい前に気付きました。)

昔あったのかもしれませんが、価格が高くて、一般人には手に届く価格ではなかったのかもしれません。あるいは、量産出来なかったとか。

3年前に気付いた時、一瞬、熱帯魚を飼おうか検討したんですが、結局、帰省などで長期不在する事があるため諦めました。

今も、再び飼おうかなぁと思い始めましたが、やっぱり長期不在する事があるため断念。

ここで、水槽クーラーゼンスイ ZC-100ですが、

30W コンプレッサーを使用した静音性・低消費電力が特長のクーラーです。

サイズは、196 x 320 x 358 mm とコンパクトなので、スペースを効率的に使えます。

消費電力は、50/60Hz = 95/112W と、私みたいに普通のエアコンを使うより全然電気代が掛かりません。

カロリーは、78/95Kcal/h です。

海水・淡水兼用で、温度設定範囲は0〜50度です。

その他の機能では、
マイナスイオン発生装置付き、お掃除タイマー内臓です。

価格は29000円。

ここで、ゼンスイ ZC-100 の口コミですが、

60 x 30 x 36cm 水槽には問題無し、
稼動音もほとんど気にならず、冷蔵庫と同じくらいの音、
水温が安定しているので安心して使える、
設定温度通りに作動していて、動作音も問題ない、
良く冷えるので動作時間が短く、ベルチェ式に比べれば静かで満足している、

と、いい意見が多いです。

反対の意見は見あたらないです。

ここでま書いておいて、調べていると、

濾過機能付クーラー ウォータークールというのがあるんですね。

練馬区大泉学園駅(西部池袋線)近くの"ペンギンビレッジ"という店が開発した製品みたいですが、驚くほど冷えるとの事。

水の蒸発するときの気化熱を利用して水温を下げます。

消費電力 50/60Hz = 9/10W(ZC-100の1/10ですね) 
本体寸法 W22 x D11 x H24

寸法から分かるように、上面フィルターの上に置くタイプなので場所をとりません。

価格は9800円です。(ZC-100の1/2ですね)

ただ、風通しを良くする必要があるようです。。。

うーん、と思いましたが、風通しが悪い所で使用する時は、扇風機をつけとけばいいんですよね。電気代はかなり安いので。

エアコンの電気代、ZC-100 くらいの電気代と比べたら安いもんです。

という訳で、

熱帯魚の夏対策に困っている人、
新しくクーラーを買い換えようかなぁと思っている人は、

ゼンスイ ZC-100 

いかがでしょうか?

でも、もっと初期費用、電気代を抑えたい人は、

濾過機能付クーラー ウォータークール

いかがでしょうか?(実はこっちの方がオススメだったりして)

検討してみてください。

最後に、
もう6月が終わりますね。1ヵ月はあっという間です。いいのか悪いのか。。。

暑いですが、頑張っていきましょう!わーい(嬉しい顔)

posted by TETSU at 23:18 | Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。