2012年02月29日

ブルーレイ DIGA(ディーガ)が安くなってます!

今日の雪は大変でしたね。
普段、慣れ親しんでいないため歩くのも一苦労でした。
車にもドップリ積もっていましたが、久しぶりですかねぇ。ここ数年、雪がドップリ積もった記憶がありません。
とはいっても昼頃から雨に変わり、今は既にベチャベチャ雪というか、シャーベットになっていますが。
雪は止んでも、凍ると危ないので、気を付けてください。

今日は、ブルーレイプレーヤー パナソニックのDIGAについて書きたいと思います。

今安くなっているみたいですね。人気もあり売れてます。

DIGA DMR-BZT710

(この機種だけという訳ではないんですが、710よりちょっと安い、DMR-BWT510も売れてます)

昨年9月に発売されたようですが、価格が下がっているみたいですね。(今も)

今、最安値が42000円。3月になれば(もうなるけど)、もっと安くなりそうです。

このシリーズは、

1TBのHDDを搭載している"DMR-BZT810"、
500GBのHDDを搭載している"DMR-BZT710"、"DMR-BWT510"、DMR-BRT210

とあります。

Blu-ray 3Dの再生、大容量BDメディア"BDXL"への録画に対応しています。

3基のデジタルチューナーを内蔵していて、スカパー! HDチューナーを同時に使用すると、最大4番組の同時録画可能です。

ハイビジョン番組の長時間録画機能は、15倍長時間録画に対応、2番組同時長時間録画にも対応しています。

また、外付けUSB HDDへの録画が出来るようになっています。最大8台まで使用可能です。
外付けUSB HDDに録画した番組は、ブルーレイディスクやDVDにダビングも可能です。

ジャンル最適エンコード方式という、番組情報を元に自動でジャンル(ドラマ/アニメ/スポーツ/音楽ライブなど)を判別して、ジャンルに合わせた最適なエンコード処理を行い、ノイズの少ない画質を実現しています。

標準画質の映像をハイビジョン信号に変換する"超解像アップコンバート"も強化していて、微小信号の再現性、階調性が向上、従来より自然でノイズが少ない精細感の高い画質を実現している。

との事です。

色々と使える機能があって、これで40000円代、だと欲しくなりますね。

実は、あまり興味というか、必要性を感じていない私でも、書いていて欲しい!と思ってしまいました。

ここで、DIGA DMR-BZT710 の口コミですが、

リモコン操作への反応が速く、比較的安価で購入できる点がいい、
バランスの良いDMR-BZT710はオススメ、
録画したものをネット接続で視聴できるので便利、
外付けHDD対応、無線LAN内蔵など充実した装備が魅力、
DLNA(Digital Living Network Alliance)で隣の部屋のTVでもビデオ再生が出来、PCや携帯から録画予約もできる、この価格でここまで出来るのはすごい、

と、いい意見が多いです。

中には、

3番組中2番組まで同時圧縮録画が出来るが、録画と再生を同時にすると、もう一つもDR(Direct Recording)に切り換わり、録画中は圧縮変換されなくなる。録画ヘビーユーザーにはHDDが足りないかも、

HDDがすぐに満杯になる、(500GBだと少ないですかね。そのためのUSB HDD増設ですが)

編集機能を使う時の、リモコンのキーパッド入力が使いにくい、
(編集機能は使いづらいみたいです)

15倍録画は見れるものではない、

との意見も。

価格のわりに機能が多くて満足しているユーザーが多いですが、
編集機能だけは、不評のようです。

私の場合、撮って見るだけなので、特に不満は出ないと思いますが。。。

という訳で、

編集機能を除けば、機能てんこもりで、お手頃価格の

DIGA DMR-BZT710

いかがでしょうか?

オススメです。

最後に、
実は、私は明日会社の休みを取ってます。
とはいえ、色々と平日でないと出来ない用事もあり、何気に忙しくなりそうです。

寒さに負けず、頑張っていきましょう!わーい(嬉しい顔)

posted by TETSU at 23:55 | Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。