2010年03月18日

小学生の通信教育を考える!

今日は予報どおり雨が降っています。天気予報を見て、車で通勤して良かったです。

私には小学生の娘が2人いますが、今日帰宅すると下の娘から留守番電話がありました。通信教育の進研ゼミをしたいという事でしたが、多分付録目当て。

というのは、娘2人とも以前してたんですが、結局、最初の2ヶ月くらいで手付かず、教材がたまっていくだけ、付いてる付録で遊ぶだけの状態。そのため退会しました。

うーん、なんか私の小さい頃に似ている。ふらふら

でも私の場合、これっと決めると、とことんするタイプだったので、
自分で決めた事には責任持ってやってた気がします。(多分)

下の娘は教材目当てというのがバレバレなのですが、上の娘は、結局しない事を自分でわかっているせいかしたいと言いません。

でも、上の娘はもう5年生になるので、きちんと勉強しないといけない年頃かなぁと思っています。

私が最初に思い浮かぶ通信教育は、進研ゼミはもちろんですが、受験するくらいのレベルで勉強するならZ会かなぁと。

先入観なんですけど、Z会というと、私達の世代は、高校生の通信教育というイメージがあり、受験で難関大学目指すならZ会という記憶があります。でも今は、小中学生コースもあるんですね!

まあ、もしかしたら二十数年前から小中学生のZ会の通信教育があったかもしれませんが、多分ここ十何年じゃないですかね。(もし違ってたらごめんなさい)

いざ、小学生の通信教育を調べてみるとたくさんあるんですね。


小学館のドラゼミ。年中の幼児から小学6年生を対象とした通信添削学習。月3千円〜5千円。

どりむ社のブンブンどりむ。小学生全般を対象にした、国語の総合力を身につける作文通信教育講座。月5千円くらい。

全家研のポピ−。学校の教科書に合わせた教材で学習。月3千円くらい。

がんばる舎のganbaエース
プリント、ドリル形式の問題集で、学校の教科書に合わせた教材で学習。月780円。添削システムはなし。

日能研の知の翼。低学年と高学年の2部で構成。赤ペンと緑ペンを用いた2色添削が特徴。


私はポピーを小4の時に1年くらいしていました。学校の内容に沿っていたので、テスト前とかにまとめてして、テストは殆ど100点でした。わーい(嬉しい顔)

受験を意識したのは小5くらいですが(受験はしませんでしたが。。。)、いなかだったので情報が少なく、どういう勉強をすればいいか分かったのは中学生の時。時すでに遅し。
(一応、県内に全国でも有名な私立中学があったんです。)

まあ、いろいろな通信教育があるけど、結局、子供のやる気次第なんでしょうねぇ。

でもいい機会なので、いろいろ検討しようとは思っています。



posted by TETSU at 22:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。