2011年03月15日

ペローニのコインケース(小銭入れ)いかがですか? 

地震後4日目。被災地の復興、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

花粉がすごかったですね。暖かくなったのと風が強かったせいか、急に活気づいているような感じです。一番つらいのは目のかゆみです。こすりまくってます。ふらふら

今日は、ペローニコインケース(小銭入れ)について書きたいと思います。

ペローニコインケースですが形に特徴があります。

普通のコインケースのようにペタッとしていなくて、二枚貝のような形をしています。

貝のようなフタを、カパッと開けて小銭を取り出せます。そしてカパッと閉めて終了。
ボタン、チャックはありません。

ですが、フタのしまり具合はキッチリしているようです。

小銭を取り出しやすい形状になっています。

ズボン、パンツの後ろポケットに入れてそのまま座ってしまうとペッチャンコに潰れるでしょう!
ペチャンコのままという事はないと思いますが。。。これは私のジョークです。

ここで、ペローニというのは家族名でブランド名ではないです。

そして、コインケースはファミリー工房(ペローニ工房)で作られています。

ペローニについてですが、

鞄職人の家で育った2人の青年(ピエロ、ロベルト)が、500年前のルネサンス時代から引き継がれてきた革工芸工房で修行を積んだ後、1956年に興したのがペローニ兄弟工房です。

また、フィレンツェの古美術品復元を目的とする"ムセオ・ムセオ"という職人共同体の一員として、皮細工の宝石箱、金装飾のアルバムなど450余のルネサンス工芸修復にあたっているそうです。

売られているペローニコインケースは、それと同じ手間と時間をかけて作られています。

と、かなり凝ったコインケース(小銭入れ)ですが、使えば使うほど味が出てきそうです。

ちなみに価格は5000円〜です。

ここで、ペローニコインケース)の口コミですが、

小銭を取り出しやすいのが良い、
質感や使い勝手がとても良い、

という意見が多いです。

私の求めていた、ズボン、パンツの後ろポケットに入れて座ってしまいペッチャンコになった!
という内容の意見は見あたりませんでした。(まぁいないですかね)

入れるなら、後ろポケットではなくて前ポケットに入れろ!という事ですか?
あるいはポケットではなくて、バッグに入れる。。。

後ろポケットにこだわる私です。って、普段は財布をポケットに入れてませんが。。。

以前は小銭入れがあればなぁと思っていましたが、

最近は主婦?みたいに、近所のスーパーのポイントカードでポイントを貯めるのが楽しみ?になっているので、多少小銭以外のものが入るような財布の方が使い勝手が良いと感じています。

なので、あったらいいかなぁというのが本音ですが、

小銭入れが欲しくてたまらない人、普通の小銭入れではなくて愛着の持てる小銭入れが欲しい人、
もっと小銭の出し入れが楽に出来る小銭入れが欲しい人は、

ペローニコインケース

オススメです。

最後に、
花粉のせいか分かりませんが、若干頭痛が。
皆さんも花粉には気を付けてください。

被災地の方も、今、つらい状況ですが、

明日も頑張っていきましょう!わーい(嬉しい顔)

posted by TETSU at 22:35 | Comment(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。